派遣社員でも利用できるカードローンと在籍確認の乗り切り方を解説

派遣社員の方からは、「派遣社員だとカードローンが利用できないのではないか」という不安の声が聞かれます。派遣社員なら誰でも借りられるとは言えませんが、一定の条件を満たしていれば派遣社員でもカードローンを利用してお金を借りることもできます。

また、「カードローンを利用する時に会社に電話がかかってくるのが不安」「どこに電話がかかってくるか知りたい」など、電話で勤務先の確認を行う在籍確認を不安に思っている派遣社員の方も見られます。

今回は派遣社員がカードローンを利用するためのポイントや、派遣社員がお金を借りる際の在籍確認について詳しく紹介するので、参考にしてみてください。

派遣社員でもカードローンは利用可能!根拠を紹介します

最初に「派遣社員でも本当にカードローンが利用できるの?」と不安に思っている方に向けて、派遣社員でもカードローンが利用できると言える根拠を紹介します。ぜひチェックして、不安の解消に役立ててください。

派遣社員でも借りられると明記している借入先がある

カードローンの中には、派遣社員でも一定の基準を満たしていれば借りられると案内しているところがあります。例を見てみましょう。

カードローン 派遣社員に関しての記述内容
SMBCモビット 申込できる人の中に派遣社員が含まれている
安定した定期収入があることが条件となっている
プロミス 「派遣社員でも契約できるか」という質問に対して派遣社員は現在仕事をしていれば審査のうえで契約できると回答している
アコム 「派遣社員でも契約できるか」という質問に対して安定した収入と返済能力がありアコムの基準を満たしていれば契約できると回答している
イオン銀行カードローン 「派遣社員でもカードローンが利用できるか」という質問に対して申し込み条件を満たしていれば申し込めると回答している

SMBCモビットの場合は、申し込みができる人の条件の中で「安定した定期収入があれば派遣社員でも申し込める」と明記しています。

その他のカードローンでは、申し込み条件の部分ではなくよくある質問への回答として派遣社員でも一定の条件を満たしていれば申し込みまたは契約ができると案内されていました。

いずれのカードローンも、派遣社員なら借りられるとは言っておらず、安定収入があることを条件として申し込めるとしています。

申し込みフォームの勤務形態で派遣社員の選択肢がある借入先も多い

申し込みフォームを確認すると、勤務形態の部分に派遣社員の選択肢がある借入先も多く見られます。たとえばプロミスでは、申し込みフォームの勤務形態の選択肢が以下のようになっていました。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト・パート
  • 学生(アルバイト・パート)
  • 公務員
  • 個人事業主
  • 法人経営者(取締役以上)

イオン銀行カードローンの場合は、もう少し大まかな分け方になっています。

  • 会社員(正社員)・公務員
  • 個人事業主(専従者を含む)・法人代表者
  • 派遣社員・契約社員・パート・アルバイト・嘱託社員
  • 主婦・年金受給

イオン銀行の分け方を見ると、派遣社員はパートやアルバイトと同じようなイメージでとらえられていると考えられます。

勤務形態の分け方はカードローンによって異なりますが、派遣社員の申し込みも想定されているのが確認できます。

実際に派遣社員がカードローンを利用しているというデータがある

申し込みができるだけではなく、実際に派遣社員がカードローンを利用しているというデータもあります。

カードローンの利用者100人に対して行われた調査によると、100名のうち6名が派遣社員で、割合に直すと6%です。ちなみに会社員が60人で、全体の60%を占めています。

アイフルが公表しているデータも合わせて見てみましょう。アイフルによると、アイフルの利用者の勤務形態別の割合は以下の通りです。

アイフル利用者の勤務形態 割合
正社員 61.8%
パート・アルバイト 22.4%
7.6% 社長・代表者
嘱託社員 5.2%
期間契約社員・派遣社員 3.0%

どちらのデータを見ても、大きな違いはありません。

契約社員や派遣社員の利用者は一見少なく見えるかもしれませんが、日本全体の雇用形態の割合は正社員が約61%、契約社員と派遣社員は約8%です。もともとの割合を考えると、派遣社員だからといってそこまで不利になるわけではないと言えます。

派遣社員がカードローンに申し込む際の審査のポイント4つ

派遣社員がカードローンに申し込む際には、審査が行われます。審査の際のポイントは主に4つあるので、どのような点が見られているのか事前に確認しておきましょう。

安定収入があるかどうかが重要視される

派遣社員に限らず、カードローンの審査では安定収入を得ているかどうかが重要です。カードローンの申し込み条件を確認すると「安定収入がある方」「継続収入を得ている方」など、収入に関する条件が挙げられています。

派遣社員には以下のように様々な働き方がありますが、働き方によっては注意が必要です。

  • 長期派遣
  • 短期派遣
  • 派遣バイト

長期派遣の場合は長く働いている分安定して収入を得ているとみなしてもらいやすい状態ですが、短期派遣や派遣会社に登録して単発の仕事をする派遣バイトの場合は、収入が途切れる可能性があり審査に有利とは言えません。

カードローンの返済は1ヶ月や2ヶ月で終わるケースは少なく、多くの場合が長期間にわたって返済が続きます。短期的にしか収入を得ていない場合、収入が得られなくなると返済が滞るので審査に通りにくいのです。

登録しただけでまだ働いていない派遣社員の場合は収入を得ていない扱いになるため、まず審査に通らないと思いましょう。登録したばかりで派遣先が決まっていない派遣社員は、派遣先が決まってから申し込みをすると審査に通る可能性があります。

派遣社員の審査の際に問題になりやすいのは在籍確認

派遣社員がカードローンの審査を受ける際、問題になりやすいのが在籍確認です。在籍確認とは、本当に仕事をしているか確認するために、勤務先の職場に連絡を入れて働いている実態があるか裏付けをする方法です。

派遣社員の場合、所属しているのは派遣元の企業で、実際に働いているのは派遣先の企業なので、在籍確認の電話がスムーズに進まないケースが見られます。

在籍確認は仕事をしている実態を確認するための重要な審査の一部なので、在籍確認ができないと審査に通らない可能性があります。派遣社員の在席確認については、後ほど詳しく確認しましょう。

別のカードローンを利用している場合は借入額に注意が必要

新たなカードローンに申し込む前にすでに別のカードローンを利用している派遣社員の場合、借入額に注意が必要です。

借入先に消費者金融を選ぶ場合、貸金業法という法律の関係で年収の3分の1を超える借り入れができません。他の貸金業者から借り入れがある場合は、借りている金額を合わせて年収の3分の1までに収まっている必要があります。

借りられる金額が制限される仕組みを総量規制と言いますが、総量規制に反する融資はできないため、借入額によっては審査に通りません。

銀行のカードローンを借入先として選ぶ場合も、年収の3分の1が一つの目安です。

銀行は貸金業者ではないため総量規制の影響は受けません。しかし、年収の3分の1を超える借入をすると返済に困るケースが過去に多く見られたため、銀行も年収の3分の1を目安として融資を行っているのです。

日常生活の中でのお金の支払い状況もチェックされる

カードローンの審査では、日常生活の中でのお金の支払い状況もチェックされます。カードローンに申し込む前にすでに何らかのローンを組んでいる場合はもちろん、ローンも含めて以下のような支払がすべて影響するので注意しましょう。
  • カードローンやフリーローン、車のローンなどローン全般
  • クレジットカードのショッピングやキャッシングの支払い
  • 信販会社を通して契約している分割払い

安定収入もあって借入もないのになぜか審査に落ちる人は、たとえば携帯料金を滞納したときに本体の分割料金が含まれていたなど、日常生活の中での延滞が影響している場合もあります。支払いが滞っているものがないか、チェックしておきましょう。

派遣社員の在席確認をスムーズに進めるコツを知って不安を解消しよう

カードローンの申し込みの際に問題が起こりやすい派遣社員の在席確認について、詳細を確認しましょう。

在籍確認の目的は安定収入があるかチェックすること

勤務先に電話をして本当に働いているかを確認する在籍確認の目的は、安定収入があるかチェックすることです。申し込みフォームには嘘の情報も記入できるため、電話という確実な方法で裏付けを取っているのです。

たとえば、以下のような嘘をついて借入をしようとする人が実際にいるので、カードローンの発行元も警戒しています。

  • 退職・休職している職場の名称を記入する
  • 架空の職場の名称を記入する

職場に電話をかけると、嘘を言っている場合にはすぐにわかります。在籍確認ができないと収入を得ているという確信が持てないので、カードローン審査に通らない可能性があります。

派遣社員は勤務先の欄に登録している派遣会社を入力しよう

派遣社員が在籍しているのは、派遣会社です。派遣元の企業に所属して、派遣先の企業で働いているので、カードローンの申し込みフォームに入力する企業名と電話番号は派遣会社のものを記入しましょう。

実際にプロミスの申し込みフォームを見てみると、派遣社員は派遣元の会社名を入力するように案内されています。

派遣社員は在籍確認が取れないケースが見られるため注意が必要

派遣社員は以下の理由で在籍確認がスムーズにいかない可能性があるので、注意が必要です。

  • 派遣先の企業を勤務先として記入した
  • 派遣会社が個人情報保護のために登録者の情報を教えない

派遣先の会社に連絡が行くと、派遣社員について知らない人が電話に出て「そのような人はいない」と言われて在籍確認に失敗するなどの問題が起こる可能性があります。外部から派遣先の企業に連絡があると不審に思われる可能性もあるため、注意しましょう。

派遣会社の中には、登録者のプライバシーに配慮して登録者の情報を教えないようにしているところも見られます。安全面を考えるとありがたいルールですが、在籍確認が成り立たない点では注意が必要です。

在籍確認が不安な場合の3つの対策法

在籍確認が不安な場合の対策法は、以下の3つです。

  • 派遣会社に「在籍確認がある」とあらかじめ伝えておく
  • 在籍確認をなしにできる方法で申し込めるカードローンを選ぶ
  • カードローンの申し込み先に相談する

1つ目は、派遣会社に在籍確認があることを伝えておく方法です。カードローンに申し込んだと言わなくても、クレジットカードに申し込んだと言えば問題はありません。

マイカーローンなどを理由にすると、話が広がった時に対応に困る可能性があるので、カードローンと同じような性質を持つクレジットカードを言い訳にしておくと安心です。

上手く言い訳ができるか不安な人は、実際にクレジットカードを作る方法もあります。SMBCモビットとアコムにはクレジットカード機能付きのローンカードがあるので、クレジットカード機能付きのものを選べば不安に感じなくてもすむのではないでしょうか。

2つ目が、在籍確認をなしにできる方法で申し込めるカードローンを選ぶ方法です。SMBCモビットには、職場への電話連絡なしで申し込める方法があります。アイフルは原則電話連絡なしで融資をしているため、どちらかを選ぶと安心です。

3つ目が、カードローンの申し込み先に相談をする方法です。消費者金融なら、電話での在籍確認ができない事情がある場合に相談に乗ってもらえます。申し込みをするといつ在籍確認が始まるかわからないので、申し込み後すぐまたは申し込み前に相談しておきましょう。

在籍確認は収入の裏付けのために重要なものなのでなしにはできませんが、方法を変えて実施してもらえる可能性はあります。

派遣社員がカードローンを選ぶ際のポイント

派遣社員がカードローンを選ぶ際のポイントを紹介します。自分に合うカードローンを見つける参考にしてみてください。

派遣社員の借入を想定しているか確認する

派遣社員がカードローンを利用する場合、派遣社員の借入を想定しているカードローンで借入をすると安心です。以下の5つの業者は派遣社員の借入について公式サイト内で触れています。

  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA

いずれかを選んで申し込みをすれば、安心感があります。

在籍確認に対する対策ができる申し込み先かチェックする

派遣社員がカードローンに申し込む場合には、ネックになりやすい在籍確認がクリアできる方法があるかも重要です。銀行カードローンでは、電話による在籍確認が必ず行われます。

以下の業者なら、在籍確認に対する対策も可能です。

対策方法 対応している業者
職場への電話を避けられる申し込み方法がある SMBCモビット
原則職場への電話がない アイフル
職場への電話について相談に乗ってくれる プロミス・アコム・レイクALSA

大手消費者金融なら、派遣社員でも借りやすい状況が整えられています。

即日借入をしたい場合も大手消費者金融を選ぼう

銀行カードローンは即日融資に対応していないため、即日借入を希望している場合も大手消費者金融を選びましょう。

大手消費者金融のカードローンなら、申し込み時間や混み具合などの条件によっては当日中に借りられる可能性があります。

ここからは「派遣でも借りれる消費者金融が知りたい」「派遣社員にはどのカードローンがおすすめ?」など、おすすめの借入先を知りたい方に向けて、派遣社員の借り入れに向いているカードローンについて詳しく紹介します。

クレジットカードも電話を避けられる申込方法もあるSMBCモビット

SMBCモビットは、クレジットカード機能付きのローンカードを取り扱っていて、職場への電話の言い訳にクレジットカードを利用したい方にピッタリです。また、「WEB完結申込」という申し込み方法を選べば、原則職場への電話がありません。

派遣社員にも使いやすいSMBCモビットの特徴を確認しましょう。

派遣社員がSMBCモビットで借入をするための条件

派遣社員がSMBCモビットで借入をするための条件は、年齢が20歳以上69歳以下で安定収入があることです。

安定収入があると認められれば、派遣社員でも借入ができます。

職場への電話に対する対策

SMBCモビットでは「WEB完結申込」という申し込み方法が選べて、職場への連絡をなしにしたい場合に便利です。「WEB完結申込」には以下の条件があるので、事前に確認しておきましょう。

  • 4つの指定された銀行のいずれかに申込者名義の口座がある
  • 健康保険証の種類が社会保険証または組合保険証である

4つの銀行とは、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行です。

健康保険証の種類は社会保険証または組合保険証に限られ、勤め先を確認する書類として提出が求められます。合わせて給与明細書1ヶ月分も必要です。SMBCモビットの「WEB完結申込」では電話の代わりに書類で勤め先を確認しています。

そのほか以下の書類の提出も必要なので、用意しておきましょう。

書類の目的 提出が必要な書類
本人確認 運転免許証またはパスポート
収入の確認 源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(直近2ヶ月分+賞与明細書)のいずれか

条件を満たしていれば原則電話がないので、条件を満たしている人は「WEB完結申込」での申し込みを検討しましょう。

SMBCモビットでは、職場への電話についての相談にも乗ってくれます。「WEB完結申込」の申し込み条件を満たしていない派遣社員の場合は、SMBCモビットに相談してみましょう。

SMBCモビットで借入をするメリット

SMBCモビットには、「WEB完結申込」ができる以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 急いでいる時には申し込んですぐ電話すると優先的に対応してくれる
  • 審査時間が最短30分とスピーディーに結果がわかる
  • 来店不要で契約まで完了する

急いで借りたい時には、申し込んですぐに電話をすると優先的に対応してもらえます。審査時間が最短30分とスピーディーで、来店しなくても契約までできて便利です。

来店してその場でカードを受け取りたい場合は、三井住友銀行内に設置されているローン契約機を利用しましょう。

SMBCモビットのクレジットカード

SMBCモビットは「多機能モビットカードTカードプラス(SMBCモビット next)」というクレジットカードも発行しています。1枚でTカード、SMBCモビットカード、クレジットカードの機能が利用できる便利なカードです。

発行するには一度SMBCモビットに申し込んで通常のモビットカードを発行してもらい、会員サイト「Myモビ」からあらためて申し込みをしてクレジットカードの審査を受ける必要があります。

派遣会社に在籍確認を受けてもらう依頼をする場合も、実際にクレジットカードを申し込む予定があれば伝えやすいのではないでしょうか。

派遣社員にとって不安な在籍確認の相談に乗ってくれるプロミス

プロミスは、派遣社員にとって不安な在籍確認の相談に乗ってくれる消費者金融です。気になることがある場合はまず相談して、納得してから申し込みをしましょう。

派遣社員がプロミスで借入をするための条件

派遣社員がプロミスで借入をするには、年齢が20歳から69歳までで安定した収入を得ている必要があります。

今後派遣会社に登録する予定がある場合でも、申し込みの時点で仕事をしていなければ申し込みができません。

実際にプロミスの口コミで「退職した派遣会社に再入社が決まったから申し込んだら、本人確認よりも先に在籍確認があって、退職したと言われたせいで審査に落ちた」というものが見られました。

今後働く予定でも、申し込み時点で仕事をしていないと申し込みを受け付けてもらえないので注意しましょう。

職場への電話に対する対策

プロミスでは職場への電話について心配がある場合に、相談に乗ってもらえます。不安がある場合は相談に乗ってもらい、納得してから申し込みをするようにしましょう。

プロミスで借入をするメリット

プロミスには、在籍確認の相談に乗ってもらえる以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 上限の金利が他の消費者金融より低い
  • 審査時間が最短30分とスピーディーに結果がわかる
  • 来店不要で契約まで完了する
  • アプリローンがあって便利に申し込める

プロミスの上限の金利は年17.8%で、他の消費者金融の上限の金利である年18.0%よりも低い設定になっています。金利が低ければその分利息を抑えられるため、少しでも利息の負担を軽くしたい場合におすすめです。

審査結果時間が最短30分で、早く結果を知りたい場合にも向いています。

スマホから「少ない入力項目で最短15秒回答」で申し込むと15秒で事前審査結果がわかるので、借りられるかぱっと知りたい場合にもおすすめです。ただし、事前審査結果と本審査結果は異なる場合があります。

プロミスには来店不要で契約までできる方法があり、アプリローンも便利です。

アプリローンは申し込みから契約、借入まですべてアプリで完結する申し込み方法で、借入の際もカードが必要ありません。アプリをカード代わりに利用して、セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMからメンテナンス時を除いて原則24時間借入ができます。

クレジットカード付きのカードローンも選べるアコム

アコムにはクレジットカード付きのカードローンもあるため、ショッピングにも借入にもカードが使いたい人にも向いています。初めての人にわかりやすいように考えられていて、借入が不安な場合にもおすすめです。

派遣社員がアコムで借入をするための条件

派遣社員がアコムで借入をするには、20歳以上69歳以下で安定した収入と返済能力がなければいけません。アコムが定める基準を満たしていれば、借入が可能です。

就職が決まっている状態の人が申し込むなら、アルバイトなどで収入を得ている必要があります。派遣社員として働く前に収入があれば申し込めますが、そうでない場合は派遣会社と契約をして派遣先が決まってから申し込みをしましょう。

職場への電話に対する対策

アコムでは、個別の事情によって職場への電話についての不安や心配がある場合に相談に乗ってもらえます。

電話をする際にはプライバシーに配慮してくれますが、不安がある場合は相談してみましょう。

アコムで借入をするメリット

アコムには、在籍確認の相談に乗ってもらえる以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 新規成約率が高い
  • 審査時間が最短30分とスピーディーに結果がわかる
  • 来店不要で契約まで完了する
  • 返済がしやすい
  • 女性専用ダイヤルがある

初めての人にわかりやすいアコムは、申し込んだ人のうち審査に通った人がどれくらいいるかを示す新規成約率が高い傾向にあります。新規成約率を公表している業者の数字の中で最新の、8月分の数字を元に比較してみましょう。

  • アコム42.6%
  • プロミス:39.9%
  • レイクALSA:36.2%(6月)
  • アイフル:33.9%

レイクALSAは6月分までしか数字を公表していないので、レイクALSAのみ6月分の数字を紹介しました。アコムが最も高く、プロミスが次いで高い結果になっています。多くの月で、同様の傾向が見られます。

アコムの審査が甘いという証拠になる数字ではありませんが、アコムの審査基準を元に審査とすると他の業者よりも審査に通る人が多くなる傾向にあると言えるでしょう。

審査結果が最短30分で分かってスピーディーで、来店しなくても契約が可能です。

アコムには、返済がしやすいメリットもあります。返済日が35日ごとに来る返済方法と、毎月決まった日に返済する方法が選べるので、自分が返済しやすい方法で返済しましょう。

女性専用ダイヤルが設けられているので、男性の担当者と話すのが不安な女性の方にもおすすめです。

アコムのクレジットカード

アコムには「ACマスターカード(カードローン付き)」というクレジットカードもあります。一部の自動契約機(むじんくん)では最短即日発行も可能な、便利なクレジットカードです。

アコムのカードローンの利用限度額の上限は800万円ですが、クレジットカード機能付きのカードを選ぶとクレジットとカードローンの金額を合計して最大で800万円までになります。

クレジットカード機能付きのカードを選べば、在籍確認が気になる場合に「クレジットカードを作る」と言いやすくなります。

最短25分で審査が完了して原則電話がないアイフル

アイフルは最短25分で審査が完了するスピードが魅力の消費者金融で、実際に派遣社員が契約している実績もあります。原則申し込みの際の電話が無いため、派遣社員でも申し込みやすい消費者金融です。

アイフルについて詳しく見ていきましょう。

派遣社員がアイフルで借入をするための条件

派遣社員がアイフルで借入をするには、満20歳以上69歳までで、申し込む時に仕事をしている必要があります。アイフルの基準を満たしていると判断されれば、借入が可能です。

先程確認したように、データからアイフルでは派遣社員も借入をしている様子がわかるため、安心感があるのではないでしょうか。

職場への電話に対する対策

アイフルでは原則申し込みの際の電話がないので、職場への電話を心配する必要がありません。

ただし、審査上必要と思われれば電話がある可能性もある点は知っておきましょう。

アイフルで借入をするメリット

アイフルには、原則として申し込みの際に電話がない以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 審査時間が最短25分とかなり速い
  • 急いでいる時には申し込んですぐ電話すると優先的に対応してくれる
  • 来店不要で契約まで完了する
  • 借入方法によっては1,000円単位の借入も可能

アイフルの最短審査時間は25分で、かなりスピーディーです。急いでいる時には申し込んですぐに電話をすると優先的に審査をしてもらえるので、試してみましょう。

来店不要で契約まででき、アプリを利用しての申し込みやカードレスでのセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMでの借入にも対応しています。

通常消費者金融の借り入れ単位は1万円からですが、アイフルの場合はアイフルATMとセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMでの借入、振り込みを利用しての借入なら1,000円単位でも借りられます。

借りる金額が高くなるほど利息が高くなるため、必要な金額だけ借りられるのはお得です。

審査結果が最短15秒で表示される便利なレイクALSA

レイクALSAはインターネットで申し込むと最短15秒で画面上に審査結果が表示されるので、すぐに借りられそうかどうかわかって便利です。派遣社員で審査結果が不安な場合に、結果が出るまで長く待たなくてすみます。

特徴を見ていきましょう。

派遣社員がレイクALSAで借入をするための条件

派遣社員がレイクALSAで借入をするには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 満20歳から70歳までである
  • 勤め先と勤務状況が安定している

レイクALSAでは、はっきりと勤め先が登録のみの場合や短期派遣などの場合は申し込めない場合があると案内しています。明確な条件があるので、わかりやすいのではないでしょうか。

職場への電話に対する対策

レイクALSAでは、職場への電話に関してプライバシーに配慮したうえで男性に電話をかけて欲しい、女性に担当して欲しいなどの要望も聞いてくれます。

それでも電話での連絡が難しい場合は、書類の提出で代替する相談も受け付けているため、相談してみましょう。

レイクALSAで借入をするメリット

レイクALSAには、最短の審査時間が15秒であること以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 無利息期間が選べる
  • 公式アプリ「e-アルサ」で便利に借入ができる
  • 来店不要で契約まで完了する

SMBCモビット以外の大手消費者金融では、初めて契約する人を対象に一定期間無利息で融資をする「無利息サービス」を行っています。他の業者は無利息期間が30日ですが、レイクALSAでは以下の3つのサービスから条件に合わせて選べるのがメリットです。

  • 60日間全額無利息(Web申し込み限定)
  • 30日間無利息
  • 借入額の内5万円が180日間無利息

契約額や申し込み方法によって条件はありますが、条件に合っていればよりお得なサービスを選んで借入ができます。

公式アプリ「e-アルサ」が便利に使えて、申し込みからカードレスでの融資にまで対応可能です。ただし、2021年11月現在はスマホでの借入の利用が停止されているため、再開されるまでは別の方法を選ぶ必要があります。

派遣社員でも安定収入があればカードローンを利用できる

派遣社員でも、安定収入があると認められればカードローンを利用できます。

派遣社員がカードローンの審査を受ける場合、安定収入があるかどうかと合わせて気を付けたいのが在籍確認です。在籍している企業と働いている企業が違うという性質上、在籍確認が上手く行かないケースも見られます。

大手消費者金融なら派遣社員の借入も想定していて、電話での在籍確認を避けられる申し込み方法がある業者や原則電話がない業者がある、相談に乗ってもらえるなど、いずれの業者を選んでも在籍確認の不安を解消する方法があります。

派遣社員が借入をする場合は大手消費者金融のいずれかを選ぶと、借りやすいのでおすすめです。

閉じる
閉じる